スナフキンの弟子になりたい

スナフキンのように、唄を奏でながらあちこち旅する姿に憧れてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

” Fで挫折した・・・・”

 

ギターを手にする人が、1度は耳にしたことがある言葉でしょう。

これほどに恐れられている”F”って、いったい・・・・?

わたしもギターを始めて、実際にFのコードが出てきたとき、
多くの挫折者を生んできた理由が分かりました。。。

スポンサーサイト


“コードがうまく押さえられない”という最初の壁を、なんとかクリアしたあと、
私を待っていた次の難関。

コードチェンジ です。


曲というのは、いくつかのコードの組み合わせでなっていますから、次から次へとコードを押さえていかなくてはなりません。

たとえば、スピッツの「空を飛べるはず」のイントロだと、 C → G → Am みたいな。

CやG、Amなどのコートを単独では押さえられるようになったものの、次のコードへの移動が上手くいきません。

いえ、正確に言えば、移動はできるんですが、おそろしく時間がかかります。

C              Dm   
幼い~微・・・熱を~  ・・・・・・ ・・・・・ えーと、えーと。。。

みたいなブツ切れ状態。

バンドで一緒に演奏したら、私がイントロ弾く間に、

たぶん曲が終わってます。



先生も頭を抱えてしまうくらい、ギター挑戦の第1歩でつまづいてしまった私。

なぜかコードが押さえられず、またしても挫折のヨカン?

でも、上手くいかなかった原因もわかり、なんとかコードを押さえるコツが分かってきました。

コードが上手く押さえられない理由がわかった

そして、コードが押さえられない原因究明とともに行ったことが、
弦の張り替えでした。

ギターで苦労してそうな友人Kさんに、上手くいかないとこぼしたら
もっと細い弦に変えてみたら?」とのアドバイス。



コードが上手く押さえられる目途もないまま
最初のレッスンを後にしたわけですが、さて、どうしたもんか・・・。

なぜかコードが押さえられず、またしても挫折のヨカン?


次のレッスンまで約2週間。

この間に、せめて押さえられそうな気配だけでも
漂わせられるようにならないと・・・・

もう、先生の悲しい顔は見たくない!(T_T)

とはいえ、いくらなんとかしようとしても、
やはり、目的の弦を押さえると、 ふれてはいけない弦に指がふれてしまう。

まわりのギター弾きの皆さまに、この惨状を訴えるも、
みなさん揃いも揃って
「はっはっは。慣れですよ、慣れ。」とおっしゃるー。

ううう。できる人は、みんなそう言うのよ・・・・
(↑ ちょっとグレ気味になってたw)

指だけは、順調に痛くなるし、もう嫌っ。


・・・・早くも投げ出したくなってきました・・・・


が!



ちょい前の話になりますが、7月21日の俺みゅーステージ。
とにもかくにも、無事に終了・・・・
反省はイロイロありつつ、やっぱ、楽しかったなー。

またバンドやりたい!うまくなりたい!と思わせてくれる原動力となる経験でした。

※ おれみゅーVol4の詳細が出ました! → 詳しくは公式HPへ。

で、個人的に、今回いちばんの成果だったのは、やはりエレキの挑戦!

COMPLETE BEST



きっかけは、今回のライブでやることになった、moon childの「escape」。

youtubeでみる。

・・・どう考えても、エレキ2本でやる曲です。

当時の私は、エレキ触ったこともないし・・・・・ いろいろ理由はあったにせよ、なんで、この曲やることになったのか・・・・今となっては、その無謀さにビックリしますw

 

※ ちなみに、うちのバンドは、Drums&Bass、エレキ、キーボード(私)という編成だった。

ギター道場の先生に、「あと3ヶ月で間に合いますか?!」と泣きついたところ、
「難しいところは、もひとりのギターにお願いすれば、なんとか間に合うんじゃない?」 というご意見。

”よっしゃ、ここはひとつ、挑戦してみるか!”と張り切ってみたはいいものの、
エレキ初めての私にとっては、予想を上回る大変さでした・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。